• このエントリーをはてなブックマークに追加

車の個人売買における必要書類と上手に売却するポイント

車を売却する場合にはさまざまな書類が必要になります。その必要書類の多くは登録手続きなど様々な事務作業に必要なものが多いため、売る側も買う側もしっかりと確認しておかないとトラブルの元になってしまうので注意が必要です。
最近は買取店に売却するのではなく、個人的に売買する方が高く売ることができるとしてこれを行う人も増えていますが、個人売買の場合には特に売る側も買う側も不馴れな点が多く、後々大きな問題となってしまうことも多いのです。
例えば税金の問題や検査の問題など、一般の素人には分かりにくい手続きなどが必要になる事も多いため、出来るだけ専門家に相談して必要な書類と手続きについて事前に確認しておくことが必要です。さらに手続きに伴う費用も相応にかかってしまうので、金額に関してもこれらを考慮した上で設定する事が重要です。

売却には印鑑証明と委任状を用意しましょう

車を売却する場合には、登録の名義を書き換えないと税金が古い所有者の所に請求されてしまうため、売買契約が成立したらすぐに書き換えることが大切です。また、この際にはそれまでの税金が月割りで還付される場合があるので、出来るだけ早く手続きを行うことが大切です。しかし、購入側は忙しいとなかなか手続きに行ってくれないことも多いため、出来るだけ早急に手続きをするようにしっかりと約束することが重要となります。
また、登録の手続きを知識の豊富な人に依頼する方法もあり、実際にはこちらの方が確実と言われています。費用は掛かりますが早急に手続きを行なってくれるためさまざまな問題を引き起こすリスクが少なくなります。この際には印鑑証明と委任状が必要となるので、しっかりと確認しておくことが大切です。

リサイクル券や自賠責保険の納付書も重要です

車を売却する場合に忘れがちなのがリサイクル券の扱いです。これは最終的に処分する際に必要になるもので、万が一所持していない場合にはその費用を負担しなければならなくなるため必ず引き渡すことが重要です。しかし、ここで注意しなければならないのは、新たな所有者に譲る際にその費用をしっかりと売却金額に含めて請求することが重要という点です。リサイクル料は所有者の負担となっているので、新たな所有者に引き渡す際にはその費用も併せて請求できる事になるためです。
また、自賠責保険の領収書も必要書類のひとつとして重要です。売却時期によっては月割りで保険料を返還してもらえるのですが、個人売買の場合には手続きを忘れてしまうことも多いので注意したいものです。個人売買においては併せてしっかりと手続きを行うようにすることが大切です。

ピックアップ記事

個人売買なら車が高く売れる

自動車を売ろうと考える際、価格を高くしたいと考えるのは普通のことです。購入時に高い金額を支払っている商品なので、どれほどの期間使用したとしても高く評価して欲しいと思うのは普通の考え方といえます。最も高...

愛車を高い値段で売る個人売買のメリット

日本でインターネットを活用した、物品の個人売買は今や普通となりましたが、高額なものやブランドものの場合、売買成立後にトラブルとなるケースがあります。クルマの場合もそうです。とくに中古車の場合、故障や耐...

車の個人売買をする際に必要な費用は

車を処分する方法としては業者に売却するか個人的に売却するかの2種類があります。いずれも手続きとしては所有者の権利を譲渡するというものであり、その権利の譲渡には一定の費用が必要になります。一方で業者で売...